MEMBER 03
企画職 K.S

一人のアイデアでおおきな影響を
与えられる会社です。

入社のきっかけ

給与明細から見えてくる世界感に興味を持った。

学生時代、アルバイト先からいただいた給与明細の項目を調べてみたことがきっかけで、給与計算に興味を持ちました。社会の仕組みと自分との繋がりが見えて、面白いなと感じたんです。実際に入社してみて、給与計算は「間違わないことが当たり前」という特殊な業界だと気付きました。また沢山の会社の給与項目を知るうちに、それぞれの会社が大切にしていることは何かが見えてくるように。会社から社員に向けたメッセージがこめられている給与明細って、やっぱり面白いと感じます。

仕事内容

会社の発展に向けてどんどんチャレンジしていく。

ビジネスソリューションチームは、最近できたばかりの部署です。この部署の使命は、日本アウトソーシングセンターの企業活動をスピードアップさせること。そのため、私の仕事は新しいことにどんどんチャレンジしていくことばかりです。

たとえばメンバーの皆が「改善する必要がある」と感じている問題点を汲み取り、解決に向けた動きを推進したり、会社の経営戦略のために必要なデータを収集して分析したり、新サービスの企画を考えたり……と、要するになんでもやります(笑)。

最近だと、佐賀支店開設に向けた準備を一連で担当しました。

社内の雰囲気

それぞれの立場でお客様のためになるように。

実はこれまで、給与計算を実際に回す業務チームにも、営業チームにも所属したことがあります。そんな経験を生かして、それぞれのチームが抱く問題意識をどう改善していくか、間に入って話し合いを開くことも。お客様のためにサービス品質を上げていくには、やはり言いにくいことも言っていかなければなりません。でもきちんと互いの考えを伝え合うことができたら、そのぶん信頼関係も醸成されていくもの。会議の雰囲気はもともと悪いわけではありませんでしたが、最近さらに良い会議ができるようになったなと感じます。

失敗談

トレンドだけ取り入れてもダメだと気付いた。

前例がない仕事をしているぶん、日々難しいと感じることはあります。くわえて最近、後輩ができたので自分なりにマネジメントについて勉強するようになりました。たくさん本を読んで、そのとおりに実践してみたのですが、世間一般的なやり方は自分には合わないと気付いたんです。自分の考えもないままトレンドだけを取り入れてもうまくいかないな、と。どの仕事でもそうだと思いますが、まずは自分で考えたり行動したりしてみることって大事です。そのうえでまわりの先輩方を見本にして、会社の風土に合ったやり方を取り入れていく大切さを学びました。

仕事のやりがい

ミッションを形にしていく面白さ。

さまざまなことにチャレンジできる今の部署は、手探りなことも多いですがその分やりがいもあります。現場からの意見や上層部からの視点など、次々とミッションが降ってきますが、そのほとんどは抽象的なものばかり。それを形にしていくのが私の仕事ですし、向いているなと思います。特性を見極めて今のポジションに抜擢してくれた会社に感謝しています。

入社を考えている方へ

安心してチャレンジしていける会社です。

現在日本アウトソーシングセンターは社員数も拠点数も増え、今後もさらに成長していく勢いがあります。そのための施策や仕掛けも次々と打ち出していますし、社員からの提案で変わっていくことも珍しくありません。一人のアイデアでおおきな影響を与えていけるんです。もちろん会社としてのバックアップもあるので、安心してチャレンジできます。自分の成長や成果を実感しながら働きたい方にはぴったりの会社です。まずは気軽に、説明会に参加して会社の雰囲気を感じてみてください!

企画職 K.Sのある一日

07:00

起床

07:30

通勤

スマホでニュースをチェックします

08:30

出社

09:00

提携先との打合せ

10:30

資料整理

12:00

昼食

チームメンバーで外食することが多いです

13:30

新企画立案会議

15:00

採用計画のすり合わせ

19:00

退勤

20:00

帰宅

夕食はもっぱら自炊 得意料理は肉じゃがです

24:00

読書や動画配信サービスを見て就寝

トップに戻る