MEMBER 02
営業職 K.S

お客様の気持ちが理解できる
営業を心がけています。

入社のきっかけ

給与明細を通して社会と自分との繋がりが分かる。

給与計算に興味を持ったきっかけは、アルバイト時代にいただいた紙明細の項目を一つひとつ調べてみたことがきっかけです。社会の仕組みと自分の給与との繋がりが見えて、面白いなと感じました。特に日本アウトソーシングセンターは、グループ全体でさまざまな人事サービスを提供しており経験や知識の幅を広げられると思い入社を決めました。

営業職の役割

給与業務を経験したからこそ、お客様の気持ちが理解できる。

私たち営業は、問い合わせや紹介などにより給与計算代行を検討されているお客様のところへヒアリングに伺うことが最初のアクションです。一言で給与計算と言っても、サービス内容は細かく分かれていてどの範囲を代行するかでプランが分かれます。一つひとつの企業にとって最適なプランは何なのかを考え、実際に給与計算を回す業務メンバーとの間に立つのが営業の役割です。
給与計算は法律が絡む仕事なので、曖昧な回答は絶対にできません。常に法改正や給与に関するニュースにアンテナを張っておくことを心がけています。

当社の営業の特徴は、営業職に就く前に一定期間、計算業務を担当することです。「給与実務者検定」も取得する必要があります。私も3ヶ月間勉強して給与実務者検定1級を取りました。専門知識や実務経験があると、営業する時にお客様の困りごとがより鮮明に理解できます。結果として奥深く考えた提案ができたり、サービス導入後の齟齬が少なくなったりしているように思います。

社内の雰囲気

アットホーム!だけど数字への責任感は揺るぎない。

仕事柄、数字や法律に厳しく向き合っているためメリハリがある職場です。ただ、仕事終わりや繁忙期以外には食事に行くことも多くアットホームな雰囲気だと思います。
先輩方は皆優しく、入社当初から沢山のサポートをいただいています。今後も自己研鑽に務めて、もっと会社に貢献できるようになるのが今の私の目標です。

仕事のやりがい

ゴールに向けての工夫は自分次第。

やりがいの一つは、責任感が醸成されること。入力した数字がそのまま結果に反映されるからこそ、細かな作業にも責任が伴います。ミスや誤魔化しが効かないからこそ責任感が培えるのはこの仕事の醍醐味だと思います。
もう一つは、何度もゴールを味わえることです。毎月やってくる給料日というゴールに向けてどんな工夫をするかは全て自分次第。実行と結果を繰り返しながら1ヶ月単位で成長を測れるので自分の成長を実感しやすいです。
営業にとってもこれは同じで、受注というゴールに向けて過程をどんなふうに工夫するかは自分次第。工夫や努力が報われた瞬間は大きな達成感を味わえます。

入社を考えている方へ

成長志向の高い人が活躍しています!

日本アウトソーシングセンターは、年齢や役職に関係なく意見を伝えやすいフランクな職場です。むしろチームプレーを大切にしながらも、自分の意見や考えを発言できる人でなければ合わないかもしれません。繁忙期など大変な時期には積極的に協力し合える人、成長志向の高い人、スキルアップをしたい人にはとても良い職場だと思います。性別年齢関係なく多くの人が活躍している職場なので、そのような環境で自分の実力を伸ばしていきたいという方を、お待ちしています!

営業職 K.Sのある一日

07:00

起床

07:30

通勤

ネットで新聞を読む

08:30

出勤

一日のタスク確認

09:00

朝礼

メールチェック、資料作成等

12:00

訪問

14:00

昼食

15:30

訪問後の情報整理

16:00

会議

17:00

タスク整理、メール等

18:00

退勤

19:00

帰宅後、自炊

22:00

勉強、読書等

24:00

就寝

トップに戻る