MEMBER 01
給与計算業務職 H.Y

未経験から給与計算のプロになる!

入社を決めた理由

コミュニケーションが取りやすい雰囲気に惹かれた。

前職は大手家電量販店で販売員をしていたのですが、入社以前に感じていた職場雰囲気とギャップを感じうまく馴染めませんでした。そこで、よりコミュニケーションが取りやすい会社で長く働いていきたいと思い転職を考えたのです。

日本アウトソーシングセンターの採用情報を見た時、雰囲気の良さや仕事上の相談がしやすそうな環境に興味を持ちました。実際の面談でも話やすい雰囲気で、未経験からでも活躍されている先輩方が多いとのことだったので入社を決めました。

異業種から転職してみて

給与と無関係な職業はない。

給与計算業務はまったくの未経験だったので最初は不安が大きかったのですが、まわりの先輩方がいつも親切に教えてくださりとても安心しました。相談しやすい環境なので、分からないことをそのままにすることなく、日々成長していける職場です。

入社当初は参考書をもとに勉強したり、自分の過去の給与明細を見ながら給与の構造を理解したりしていました。給与に無関係な職業はないので、まずは自分の給与明細を紐解くことで生きた知識になり、覚えも早くなると思います。

仕事内容

数字に責任を持つ。

給与計算の業務は大まかに言うと、クライアント企業の担当者から勤怠情報等を預かり、情報をシステムに入力していきます。そして各会社の計算ルールに則り給与を算出していくのです。法律や保険料が変わることも多いので、見落としやミスがないようチーム内で入念に確認をしながら、正確な数字に責任を持つようにしています。

また、個人情報も多く取り扱っているので管理には注意が必要です。データを大切に扱うことが求められる仕事です。

仕事のやりがい

毎月訪れる達成感と安堵感。

計算業務をミスなく無事に終えられた時に一番やりがいを感じます。達成感と安堵感を毎月味わえる職業は珍しいんじゃないでしょうか。以前は当たり前だと思っていた、給与が支払われるまでの流れを下支えできていると思うと誇りも感じられます。

そのためにも、入力作業中は集中力を保つようにし、セルフチェックを行う際にも確認には確認という気持ちを持って臨むようにしています。さらにチーム内でチェックをし合い、最終的にミスなく終える事が出来た時はチームとしての達成感も大きいです。

入社を考えている方へ

人生に役立つ知識が身につく仕事。

最初は難しい知識や覚えることが多く大変かと思いますが、すべて人生において役に立つ知識なので吸収しておいて損はありません。当社は頑張った分だけ評価される環境なので、若いリーダーや、未経験入社からでも実績を重ねて“給与計算のプロ”として信頼を得ている人も多いです。

コツコツと努力出来る人、数字に責任を持てる人はやりがいを持って活躍できる職場だと思います。

給与計算業務職 H.Yのある一日

06:00

起床

07:30

通勤

08:45

出社

09:00

朝礼

09:05

メールチェック

給与月次処理

12:00

昼食

弁当を持参して休憩所で食べます

13:00

給与月次処理

食後は眠くなりやすいので軽くストレッチして目を覚まします

15:00

クライアント先で打合せ

16:30

帰社後、給与月次処理

18:00

退勤

19:15

帰宅

23:00

自由時間

就寝までテレビや映画鑑賞をします

トップに戻る